2021年03月13日

このせ

最近理不尽だなって思うことが沢山ある。

普通に社会で仕事してる人からしたら圧倒的に少ないと思うけど、
自分で選択している今の生活の中でそういうことが起きると人と絡むこと自体で問題が生まれてしまう、
そういうことなのであれば辛い。

ダンサーとか作り手とか、雇用している立場として
本当に中身を理解してる人っていうのは少ないし、別にそれで良いのかもしれないけど自分は無理で。
例えば劇場の人と話してもダンスわかってんなって思う人はめっちゃ少ない。
わかるっていうのは批評でも何でもなく、ジャンルの区別化とか本当に基礎のリスペクト。
そもそも批評家のダメ出しなんて聞いたことないし、参考にしない。
参考にしてたら向こうが批評する価値が逆にないと思う。もちろんフラットに対話する分には問題ないけど。

話戻り共感して仕事できればありがたいし、理解し合えればもっといい。
それは飲み行ったりとかそういうことじゃなくて、なんていうか同じ目線とか
優しさとか、もちろんダンスって言うものを理解して話せるということで。
上から物を言うとか、やってやってるって思ってる感じが来ると
別にこの人が自腹きってるわけでもないのにと感じる。極論だけど。

世の中でダンサーに理解を示し、音楽を提供しているようなミュージシャンも、
どうしても僕じゃなきゃだめとお願いされていた現場で着ぐるみ着ろとかいうし
そういうのマジでクソだと思う。別に好きでも嫌いでもないけど、ダンサーをなんだと思ってんだとは思う。

なんとなく今日はひどく辛い気持ちになることがあったので書いてみました。

かましたいね、良いもの。
posted by ゴンザレスチバリ at 03:34| 日記